1809

1809年、フランス軍占領下のウィーン。フランス軍工兵大尉アントワーヌ・パスキは、市中での殺人に巻き込まれる。